JASROS 路線価評価支援システム

レイヤー構造によるラスター、ベクトルデータ、ポイントデータの重ね合わせ

地理情報システムの機能も有しており、複数のレイヤを重ね合わせてディスプレイに表示できますので、背景に都市計画基本図、
地番図等を用いたり、状況に応じて必要な情報を選択して重ねあわせ表示して使用することができます。

  • 1.各種の図面を背景図として用いることにより現況の状況等を画面上で把握できます。
  • 2.レイヤ管理により、作業に応じて必要な情報を的確に表示できます。
  • 3.公示地・基準地や各種施設などを併せて表示できます。
  • 4.状況類似地域や都市計画用途地域をポリゴン化して表示できます。

これらの運用に当たってはあらかじめ地図データを入力する必要があります。
これはディスプレイ上で市町村の職員の方自らが行うこともできます。
路線などのベクトルデータや用途地区などのポリゴンを様々な属性別に色分けし地図表示・印刷
する事ができます。これらの多彩な色替え表示等を用いることにより、今まで多数の資料を突き
合わせながら行なっていた各種データチェック作業や評価データの検証作業を迅速また効果的に
行うことが可能です。

多彩なシミュレーション機能

様々なシミュレーションやグラフを使って、ビジュアル的に簡単に検証が行えます。
1.状況類似変更
単独路線及び複数路線をまとめての状況類似変更シミュレーション機能
2.主要路線変更
主要路線変更、主路線要因値変更の路線価シミュレーション機能
3.データ変更によるシミュレーション
属性データを変更しての複数路線仮計算機能
4.比準表変更シミュレーション
比準格差率、適用比準表種類を変更しての路線価シミュレーション機能
5.路線価のグラフ化
幹線等の路線価をグラフ化してビジュアル的に検証が可能
6.標準価格変更
標準宅地のメモ価格修正による路線価計算が可能
7.時点修正も簡単に行うことが可能
8.前回価格、相評価格等との対比、変動率も一目で確認

多彩なシミュレーション機能

多彩なシミュレーション機能


評価に係わる全てのデータの一元的なデータベース管理

路線、標準宅地等に係わる全ての属性データはデータベース上で管理されます。これにより、当システム内における
各種データの検索はもちろん、後日必要に応じてあらゆるデータを職員の方自らが検索・抽出・加工することができます。
ファイル出力も可能ですので、Excel等での加工も簡単です。

  • 路線データの抽出、ソート。
  • 用途−比準表種類−状況類似の関連表で管理も簡単に。
  • 標準宅地及び公示地・基準地を一元管理し、公示地・基準地との関連管理や時点修正の管理も簡単に行えます。
  • 標準宅地調書、別紙様式出力も可能です。

地理情報システムと属性データベースとのリンク

JASROS上では、地理情報と属性データベースとは完全にリンクされています。

  1. 1.地理情報システム上で路線や標準宅地等をマウスでクリックすることにより、当該路線、標準宅地等の属性をデータベースより
      検索し、表示・印刷できます。
  2. 2.路線番号や標準宅地番号をキーボードから入力することにより、地理情報システムで当該路線、標準宅地の位置を検索し、
      表示・印刷できます。
  3. 3.地図情報データとリンクしていますので、地図データの追加・削除と同時にデータベースも同期を取ります。
  4. 4.属性データを用いて、様々な色替えを行うことにより、各種データ検証、価格検証も容易に行うことができます。
  • 地理情報システムと属性データベースとのリンク
  • 地理情報システムと属性データベースとのリンク

画地計測・価地計算・価地情報検索

デジタルの地図情報を利用して、想定整形地を自動形成し、間口・奥行・蔭地割合等を算出し、
マスターデータに登録できます。

画地計算や、画地情報検索(所在・所在者・規模・同一画地等)も地図情報とリンクし、
簡単に処理ができます。

既存デジタルデータとリンクさせての効率的な運用

地図情報データは、基本システムにSISを使用しておりますので、様々なファイルフォーマットとのデータ互換が可能ですので、
既存の属性データはもちろんのこと、地図データについても、無駄なく効率的に使っていただくことができます。
また、データのインポート/エクスポート機能を使い、他のシステムや大規模なGISシステムとデータを連携して使用することにより、
他のシステムとの重複作業を防ぎつつ、当評価システムの特徴の一つでもある機動性をフルに活用した効果的な評価作業を行う
ことができます。

A市例 : 庁内GISとJASROSを連携して活用している導入事例
  1. 1.庁内GISから地図データ及び基礎的な属性データをJASROSへインポートし、基礎的なセットアップを行う。
  2. 2.基礎データを取り込んだ後、JASROSにて評価に必要なデータの整理構築。
  3. 3.JASROSを使用して、路線価算定。
  4. 4.隣接市調整等においては、ノートパソコン等を使用して機動的・効果的に調整。
  5. 5.調整の終わったデータをエクスポートし、次段階の業務の処理を行う。

調整の終わったデータをエクスポート

上記のようなデータのインポート/エクスポートを行うことにより、
各システムの特性を活かし、効果的・効率的なシステム運用を行うことができます。

効果的・効率的なシステム運用

ゼンリンZmap他様々なデータフォーマットに対応