皆様の立場に立って成長を支援する親身な不動産アナライザー

不動産管理システム

シンプルなシステムで土地や建物等の不動産情報を一元管理します

当社の不動産管理システムは、所有物件、賃貸物件に分け、土地、建物等の項目ごとに不動産情報の管理を行います。

不動産管理システムの特長

長年にわたる不動産鑑定評価、不動産コンサルティングでの知見を生かし管理機能に特化したシンプルなシステムです。標準機能として電子地図と登記簿・図面・建築確認書類・契約書等を関連付けて保管、データベースとリンクさせて一元管理でき社内説明等にもご活用いただけます。

  • シンプルな操作性
  • 土地・建物・契約等
    を簡単管理
  • 登記簿・建築確認書類・契約書等
    の画像データのリンクと保管
  • 地図情報とデータベース
    のリンク管理
  • 専門家からの
    不動産管理サポート
  • 情報喪失リスク対策

基本システム仕様詳細

主な機能一覧

1.様々な情報の整理と管理が可能

下記のとおり項目を分け、不動産情報の管理を行うことができます。

基本情報 用途地域、建蔽率、容積率等の行政的条件、建物の構造、用途、設備水準等の不動産の基本情報を管理
価格情報 固定資産税評価額をはじめ、鑑定評価額、会計上の資産分類・取得金額・内訳・経緯、簿価等について管理
契約情報 土地の賃貸借、建物の賃貸借、契約目的、契約期間、賃料、共益費、保証金、過去の経緯等を管理
修繕履歴情報 過去の修繕履歴(更新・修繕)の記録を管理
その他 登記簿謄本、公図、地積測量図、売買契約書、境界確定図等の書類をPDFにして電子書庫に保管

上記以外にも様々な情報管理の対応が可能です。

2.電子地図上の図形とデータベースをリンクさせて管理

このシステムは、電子地図の図形、データベース、属性情報ウィンドウが連動しています。
電子地図の図形をクリックすると、対象の図形に関連付けられたデータを抽出し、属性情報を出力します。

3.お客様のニーズに合わせたカスタマイズが可能

背景図には株式会社ゼンリンのZmapを利用し、基本パッケージには地図操作の基本機能を備えており、データベースの管理項目や属性情報ウィンドウは、お客様のニーズに合わせカスタマイズする事が可能です。

4.物件(拠点)、画地、土地(筆)、建物ごとにデータ入力・修正・画像ファイル添付が可能

物件(拠点)、画地、土地(筆)、建物ごとにウィンドウがあり、それぞれデータ入力・修正ができます。また登記簿や図面、契約書、写真等の画像ファイルを添付することもできます。

5.大量にデータを入力する場合には、Excelデータから一括登録が可能

データベースの情報を基に、入力シート(Excel形式)を出力し、シートに入力後、データベースへ一括反映する機能です。また広大な土地を購入した場合など、大量に土地データを登録する場合にも、Excelからの一括登録が可能です。

PAGETOP
Copyright © 日本土地評価システム株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.